baker「最初から底辺だったんで」

しげる いきなりこう、今からインタビューしましょうってなって、じゃあ何話しましょうかってときにやっぱり、 さっき第一声で言ったみたいに「結局あなたは誰なんですか」っていうのは、究極のテーマだし、そこですよねって思うんですけど、そこに戻っていいですか?

baker そうですねー。……まあ僕は自分のこと「底辺代表」だなって思ってますよ。

しげる 底辺代表?

baker ネットカフェ難民の一歩手前だったんですよ。

しげる ああ、お金がない頃。

baker そう。でもなんでそれにならなかったのかっていうと、最初っから底辺だったんで。大体は会社に入って、 でもリストラされて、さあ困ったどうやって生きていこう、って人たちがネカフェ難民になると思うんですけど。僕は元々、就職氷河期が直撃して、 皆どこにも就職できないっていう時代背景で、まあ結局は就職しなかったんですけど、一応就職活動もしたし、落ちたりとかもして。

しげる スタートが、企業に入って、ってところではないんですね。

baker コンビニで夜勤やって、朝寝て夜起きて「あーたりぃ」って言いながらまたコンビニ行って、レジ売って廃棄食って。 そんな生活をしてはいたんですけど、だからって何も努力しない理由にはならないんで。その状態でどんだけやれるかっていう感じでしたね。

しげる 生活自体が、一般の人みたいに回っていない状態で、何ができるのかっていう。

baker その時点でまあ色々諦めてたんです。

しげる 諦観からスタートしてるんですか。

baker 学歴高い人に見下されながら生きていくんだろうなあ、とか。

しげる それ20歳くらい?

baker  21とか、まあそのくらいでしたかね。その頃から中身は変わってないです。基本的に卑屈なところとか、自分が大嫌いなところとか。

しげる 自分大嫌いっていうのは、本当に嫌いなんですか? 僕「自分大嫌い」な人には二種類いる気がしてて。 嫌いって言わなきゃいけない人と、言いたくて言ってる人。「自分嫌い」って言っておかないと自分が保てないというか、そういう「嫌い」っていうマイナスのモチベーションで生きてる人と、 とりあえず嫌いって言っておけば「かわいそうだ」ってマイナス面から可愛がられるんじゃないか、みたいな打算的な考えの人、っていうのがいるんじゃないかなあって。

baker 後者の部分が全くないとは言い切れないですね。高慢ちきなヤツだって思われたくはないなって、 そういう部分もあるとは思いますけど、本当に自分が好きじゃないんですよ。

しげる キツくないすか?

baker まあでも、嫌いっていうだけで終わらせないようにはしてますよ。好きになるような努力をしないといけないと思うので。

baker「面白いほうに、みんなが流れてくれればいいなあ」

しげる あ、いきなり音楽の話になるんですけど、嫌い嫌いって言いながら、bakerさんニコ動に曲上げてるじゃないですか。 嫌いだ嫌いだって思いながら曲を上げて、「やっと嫌いなこの曲とオサラバできた!」って思うのか「やっぱニコ動だから、上げてからどうなるかだなあ」って 「嫌い」が持続するのか、どっちで考えてますか?

baker いや最初の頃はもう、そのへん細かくは考えてなかったです。目立とうともしてなかったし。 曲のタイトル出して、実写のしょぼい映像つけて、特に何も説明せずに上げてたんで、まあ1000人でも観てくれたら恩の字だなあって、 そのくらい。その中で今後につながる意見とかあったらいいなあとは思ってましたけど。どういうところなのかわかってなかったんで、 とりあえずやってみようと。全然深く考えてはなかったです。

しげる 僕作品を上げたりとかそういうことやったことないから、どういう考えで上げてるのかなって思ったんですけど。

baker 今からニコ動に入っていくとしたら、考えることはいっぱいあると思いますよ。あの頃は決まりも何にもなかったんで、 好きなもの作って好きなように上げるってだけで。

しげる 決まりがないところ、いわゆるシステムの段階から自分が関わっていたってことですよねそれ。そういう脳みそでは動いてなかった?

baker システムとかそういう…… あっ、うわっ。(テーブルを拭く)

しげる あ、すげえヒゲ抜いてる!w

ヒゲドライバー
ヒゲドライバー

baker (拭きながら)システムを考えてたとかはないです、すごい自由なところだったんで。 ただ強いて言えば「匿名」ってところがデカくて。今みたいに名前を前面に押し出すような感じではなかったですね。それがいつの間にか、今みたいな。

しげる 確かに、今はみんな名前を出してやってますね。

baker そういう風になるきっかけを作ってしまった部分はあると思うので、複雑ではあるんですけど。それによってよかった点もあるし、悪い部分もあるし。

しげる 匿名性がなくなってしまった弊害ってどんなのがありますか? 単純に馬鹿なことがやりづらくなったとか?

baker 馬鹿なことは、する分にはできるんですけど、あんまり注目されないですよね、最近は。 本当に面白いことが全然注目されてない、って感じになっちゃって、なんかもう、受けるためのことをやってる人が勝ち、みたいな。なんか歌を歌うなら、ピッチ補正した人の勝ちで。

しげる あー。

baker そういうとこに反吐が出ますね。

しげる なるほどねw

baker たかだか素人がカラオケ上げるのにピッチ補正してタイミング調整して、 プロみたいなミックスして、好きにやってるヤツが「ミックスもったいないから私がやりますよ」って言われてみたりとか……(ブツブツ)。

しげる 選民思想みたいなのはあると思います、ある種の画一化がされちゃってて、実はもう「誰がみても面白い」ってフィールドじゃなくなってきてる 部分もあるのかな、って。

baker それはありますよね。最初からニコ動にいる人たちっていうのは今の状態に疑問を抱いてたりとかするんですけど、 だからって別にそこにはケチをつけずに好きなようにやってる。後から来た人たちは、もう踏み台くらいにしか考えてないってのはあると思います。

しげる そうですね、ただの遊び場のはずだったのに。

baker それが単純に悪いとは言わないですけど。考え方の違う人たちが混ざってきて食い違う部分があって、 イザコザに発展したりっていうのはあるだろうなあとは思いますね。

しげる なんかこう、みんなでかくれんぼをやりましょうよってジャンケンして、かくれんぼが始まって「もういいかい?」って鬼が振り向いたら、 ケツ丸出しで隠れてるヤツがすぐそこにいたとして。そこで「怒る」か「笑う」かの違いってすごくデカいと思うんですよ。 「俺真面目にかくれんぼやってんだぞ!」って怒るか「なんだよケツ丸出しじゃんハハハ! 仕切り直しな!」みたいな。 「でも本来はただの遊びじゃん?」っていう部分が、どうしても、その真面目さで、忘れられていってるんじゃないかって、なんか残念というか、もっと、遊べるはずだっていうか。

baker うんうん。

しげる 「ギャハハこいつケツ丸出しじゃん! オイみんな来て見てみろよ!」なんて呼びかけたりとかね。そのケツがムカついてきてみんなで蹴る、みたいな。

baker w さっきの話が生きたw

しげる そういうのいいじゃん、って。

baker ぼくもどっちかっていうと、ケツ出すか、ケツ出した人を褒め称えたいタイプなんですけど。 それを強要したらおしまいだし、面白いほうに、みんなが流れてくれればいいなあくらいにしか考えられないですけどねえ。